ページトップへ移動

会社概要

ホーム > 会社概要

代表挨拶

株式会社クリーンアップでは道路・管路・水路といった様々な『みち』を中心としたライフラインの維持管理、生活環境の維持向上を統一コンセプトに創業より一貫した事業を展開しております。具体的な事業としましては、

  1. 札幌市を中心とした北海道各地の雨水管や下水道管をメインとする管渠(かんきょ)維持管理(清掃・調査・修繕・改築更新)
  2. 全国の河川・湖沼・水路・港湾に堆積する砂やヘドロ等を回収する浚渫(しゅんせつ)や泥水の処理(現場内での分離・減量・減容化)

そして近年新たな『みち』への取り組みとして始めました使用済みプラスチックの再原料化、資源の道づくりというプラスチックリサイクルを主格事業の一角にするべく日々精進しているところであります。

皆様方には目に付くことの少ない各事業ですが、微力陰ながら皆様方の生活環境の維持向上に努め、各事業を通じて従業員並びに皆様方の生活が少しでも向上し健やかに過ごされるようお役に立てると幸いです。
文末となりましたが、この度は弊社ホームページをご覧頂き心より御礼申し上げます。

今後とも変わらぬご愛顧、そしてご指導ご鞭撻賜ります様、従業員を代表しお願い申し上げます。有難う御座います。

代表取締役社長 山谷 義治

概要

商号 株式会社 クリーンアップ
本社 >> 本社地図 〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西13丁目320番地 草別ビル4F
TEL: 011-271-5352 FAX: 011-271-5391
工事部 >> 工事部地図 〒001-0915
北海道札幌市北区新琴似町998-21
TEL: 011-763-1633 FAX: 011-763-1560
リサイクル
事業部
>> iプラス地図 石狩プラスチックリサイクルセンター 「iプラス」
〒061-3243
北海道石狩市新港東2丁目2-14
TEL: 0133-60-6555 FAX: 0133-60-6556
支店 石狩市・苫小牧市・岩内町(営業所)
連絡先 cleanup@clean-up.co.jp
創立 昭和50年2月
資本金 26,000千円
代表取締役会長 山谷 勝義
代表取締役社長 山谷 義治

理念・心得

建設業許可 北海道知事許可 (般-22)石 第06943号
土木、とび・土工、しゅんせつ
産業廃棄物収集運搬業許可 北海道知事許可 第0100014361号
汚泥、廃プラスチック類、がれき類、木くず

札幌市長許可 第05100014361号
汚泥、廃プラスチック類、がれき類、木くず

沿革

昭和50年2月 北海道 苫小牧市にて、資本金350万円、代表取締役に草別義幸が就任し設立。道路・側溝清掃等の清掃事業を開始する。
昭和51年4月 現住所(北海道札幌市中央区)に本社移転し、苫小牧支店設立。
昭和52年4月 札幌市北区新琴似町998-21に車両オペレーションセンターを設立(現在の工事部)。
昭和53年8月 資本金1,600万円に増資。
昭和54年9月 石狩市に支店設置。
昭和55年5月 下水道本管調査用テレビカメラ車を導入。
昭和57年6月 山谷勝義、代表取締役に就任。
昭和58年4月 札幌市下水道局安全推進委員会より表彰をうける。
昭和63年5月 水中排砂ロボットによる浚渫工事を開始。
平成4年4月 下水道管 管渠更生工事を開始。
平成11年1月 小型浚渫船導入。
平成13年3月 資本金2,600万円に増資
平成17年2月 創業30周年を迎える。
平成19年10月 石狩プラスチックリサイクルセンター「iプラス」稼動開始
平成20年12月 石狩プラスチックリサイクルセンター内に石狩支店を移転
平成22年5月 札幌市建設局下水道河川工事安全推進委員会より表彰をうける
平成22年5月 山谷 勝義 代表取締役会長に就任
山谷 義治 代表取締役社長に就任