管きょ清掃

かんきょせいそう

当社では昭和50年の創立当初から路面清掃車、高圧散水車、汚泥吸引車、高圧洗浄車など様々な特殊車輌や機械を用い、 皆様方の生活環境を維持するべく清掃作業に従事しています。主には下水道管清掃、集水桝(ます)清掃、道路側溝清掃等があります。

清掃の目的

当社の行っている清掃は、景観向上や粉塵対策等の目的もありますが、配排水路自体のもつ本来の機能を維持する事や臭気問題を解消する事が主となっております。

道路の脇に堆積したゴミや砂を放置していると雨水時に集水桝を詰まらせ、水溜りが出来たり行き場を失った雨水が大量に溜まり道路が冠水したりします。下水道が詰まると各家庭や工場等の排水が処理場に行き着くまでに溢れたりしてしまい大変な事態になってしまいます。

当社が行っている清掃は水の道が持つ機能を維持する為には無くてはならない作業であり、大変重要な仕事のひとつと位置づけております。

管きょ清掃

水に限定される管きょひとつを挙げても、下水道・上水道・雨水排水・農業用水等々と、多種多様なものが存在します。また、世の中には直径100㎜以下のものもあれば2000㎜を超す管が数メートルから数十メートルの地下に埋設されています。上記に挙げた中でも下水道や上水道、雨水排水管の殆どは道路の下にあります。これは清掃調査等の維持管理、埋設するときの施工性や集配性等を重視した結果であります。

管きょ清掃は800㎜未満については機械清掃で対応し、800㎜を超えるものは状況によって作業員が管きょの中に入り機械と人力補助で清掃します。

特に大型管きょ、その中でも下水道の清掃作業は、酸欠・硫化水素・可燃性ガスに細心の注意を払い作業を行います。

一般的な管きょ清掃は高圧洗浄車による高圧水を用いて管きょ内に堆積した砂・ラード等を洗浄しながら引き寄せ、汚泥吸引車により回収いたします。回収された汚泥は中間処理場にて減量化され最終処分で埋め立てられたり、燃焼されたり、リサイクルされたりします。

管きょ関連ページのご紹介
管きょ調査
管きょ補修・更生

管きょ内異物除去

管きょ、特に下水道管においては、通常の高圧水洗浄では取り除くことの出来ない、または取り除くことの難しいものがあります。当社では様々な器具等を使うことにより、より幅の広い清掃が行えるようにしております。

管きょの特殊な異物
木根、ラード、モルタル、突出管など
除去するために使用する機材、器具
チェーンノズル洗浄
洗浄圧力を利用しチェーンを回転させることにより木根やラード、簡単なモルタル等の除去に使用します。
穿孔機
油圧や圧縮空気駆動で管きょ側面の異物除去も出来る機材。一般的には管きょ全面補修(管きょ更生・改築)後の取付穴穿孔等に使用される。主に異物除去としては突出管やモルタルの除去等に使用します。
回転ノズル洗浄
洗浄ノズルの一部を洗浄圧力により回転させる機構をもっており、通常の洗浄より高い洗浄性能があり、ラード等の洗浄除去に使用されます。また通常洗浄より高い圧力と吐出量を出すことが可能な管きょでは簡単なモルタルの除去にも使えます。

その他の清掃

集水桝(ます)清掃

側溝清掃

その他

  • 沈砂槽(ピット)
  • 小河川
  • ゴルフ場の池
  • 管きょ、開渠
  • 工事現場で発生する汚泥の収集運搬
  • 汚泥槽(ピット)
  • ほか

浚渫(しゅんせつ)と清掃の豆知識

一般的には人工構造物上に堆積した物を取り除く場合を清掃と呼び、人工底面の無い河川等に堆積した物を取り除く場合を浚渫(しゅんせつ)と呼ぶことが多いようです。